2007年11月26日

成長の証

ホーム最終戦となった51節セレッソ戦。
昇格のためには絶対勝利が必要なセレッソと、ここ1週間でクラブフロントのゴタゴタが報じられた水戸。先週の練習である選手が新聞記事を読み動揺を隠せなかったと言う話も聞きました。フロントとして明確な意思表示の無いまま、密室で事を進めようとする事はサポーターだけではなく選手にも大きな不信感を与えています。フロントにはまず自分の仕事を全うして欲しいものです。

そんな動揺の心配をよそに選手は監督のために最高の集中をみせてくれました。もともと相手が締まった相手なら、相応に締まった試合をする我等が水戸ですが、様々な状況で自らペースを作るという事が課題でした。この試合に関してはその課題に対する答えが十分に成果として現れていたと思います。

序盤個々の精度の高さで攻める大阪でしたが、水戸は落ち着いてそれに対応。そして攻守の切り替えについては水戸の方が勝り、徐々に両サイドでチャンスを作る事に成功します。後半早々に選手交代でセレッソはぽっかりと開いたサイドの穴を埋めるのではなく、前線を増やしパワープレーに掛かります。ここで押し込まれると守備一辺倒になってしまいがちですが、攻から守への切り替えだけでなく守から攻への切り替えも素早かった水戸。決定期を全て決めていたなら圧勝していた展開で勝利しました。

勝利後、選手、サポーターを讃えた監督。それに応えた観客の鳴り止まない前田コール。まだまだ足りないものも多いけど、我慢して育ててきたのに・・・。悔しくて目頭が熱くなりました。市民クラブとはなんなのか。
セレッソ戦初勝利。ホーム最終戦勝利。サンクスマッチ勝利。平均を大きく上回る観客の中での勝利。この勝利は特別である事は会場のほぼ全ての人が感じた事と思います。しかし、社長は「年間の試合の中の1試合に過ぎない」と言ったそうです。もし、全ての試合が大事という建前だとしても、この状況で建前を出すとは同じ空気を吸っているのでしょうか。
サポーターが不透明な人事を糾弾する横断幕を掲げたにもかかわらずリアクションが一切無い社長に著しい不信感を抱きます。
かつて、逆さ断幕を貼ったとき、小林前社長はなにはともあれキレました。ひどい対応だと思います。しかし真っすぐな感情を表しただけまともだったのかもしれません。深い闇ですね。

さて、最近のFMCです。
いきなりクラブに丸投げされて面食らいましたが、選手が掲げる横断幕への応援メッセージの書き込みと、FMC主催でポンポン作り行いました。ポンポンは基本形を作成したものを子供に渡し、割いて作成してもらいました。横断幕は試合後選手が掲げて一周したしたものですが、「来年はJ1」という再来年じゃないと無理じゃね?というものから、「CWC制覇」という夢の広がるもの、「ホーリーホックは奄の嫁」俺じゃねーのかwやら色々有りました。

もうひとつ、ファン感に向けてMVP投票の集計を行いました。問題は得点王が西野7点塩沢6点と大接戦。発表でのプレゼンター募集中ですので会場で一声かけて下さい。


気持ち良くクラブを支えられる様に、透明なクラブを目指して欲しいものです。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月23日

セレッソ戦

なんだか1年って早いですね。って思える様になったら大人。
0歳児の1年は未知の未来で、1歳児の1年は人生の全て。ところが10歳にもなれば、人生の一割で、20歳になれば1年はその半分の長さでしかない。さらには、という相対的な話です。

で、そんな話では無くて、もうホームの最終戦になりますね。凡ミスから失点でついつい言葉を荒げたり、なんでこの試合運びで勝てないんだと頭を抱えたり、ようやく勝って泣いて喜んだり、あっという間ですね。
HPの方でアナウンスが有りました様に、今年度のMVPの発表はファン感で行う事に変更になりました。それなら、ホーム最終戦と言う事で何かFMCでもやろう、と言う事で、

ポンポン作ってホーリーズに合わせて踊っぺよ


的な企画をやります。なんか素敵なタイトルが思いつかなかった。
場所は横断幕をつくろうの横を予定しています。

走れ☆ホーリーホックのダンスは右から入るんですよ。


追伸、告知書いてたら書きたかった事忘れたw
U-22なんとか北京行きを決めましたね。サウジ戦、テレビで見てたのですが、FW岡崎。素晴らしい飛び出しと、タフな運動量で献身的な守備。そして圧倒的な決定力不足。シュートが出来る岩舘みたいですね。この世代のFWにはこんなタイプ多いのか・・そんな事を思いました。逆に言えば、シュートが打てれば、そしてそれを決めれれば・・・なんて。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月21日

信頼の回復を

宮田社長のブログが書き始めてから初めて更新されましたね。
まさに書く事が無いなら書かないを体現する、廃れるブログの見本のような・・・。おそらく難しい立場にあると思うので、その心情を毎日書いたって良いと思うのですが。

しかし、この更新の内容に私個人として大いに不満です。
去就に関してシーズン中に表明する事はありえないことではないし、記事の最も問題とされる不透明さに関する説明が一切無い。仮に記事が誤報であるならはっきりと誤報であると言えば良い。

仮にこの記事がゴシップ記者によって書かれたものなら、私はクラブを信用したと思います。けれども、この記事を書いた佐藤記者は、ご存知の方も多いでしょうが、様々な媒体での水戸ホーリーホックの露出の多くを支える、ほんとうに力強く水戸を支える大切な一人です。その佐藤記者があえてこの記事を書いた深い意味を考えると、社長の意思表明が公式HPではなく、ブログでこの程度の内容と言うのは軽すぎると思います。

もちろん去就にも興味は有るけれども、なにより市民クラブとしての透明化を実行する気があるのか無いのかに注意深く見守って行きたいと思います。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月20日

元祖女王

なんか、昨日は感情的になって憶測で色々書いてしまいました。ごめんなさい。
消した方が良さそうなら消します。

ともかくクラブ首脳には透明な市民クラブの実現を目指して欲しいですね。何処に出しても胸を張れる決断を下して、まだまだ少ない支援の舵を同じ方へ向けなければならないと思います。


さて、気取り直して書くほどの事なのかどうかはわからないのですが、このブログを書くのにRSSリーダー兼ブログフィーダーサイトを利用しています。クラブの非常時にアドレナリンが出まくる中、そのサイトが提供するブログランキングに眞鍋かをりブログがランクインしていました。

それがこちら

内容は読んでない(失礼)のですが、タイトルがちょっと張りつめた気持ちを緩めてくれました。


ブログと言えば、吉本ブログに意味深なエントリがあります。俺たちの吉本にそんな心配なんてさせない様に今シーズンの残り2試合、全力で声援を送りたいと思います・・・って札幌行けないや・・・
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月19日

辛く悲しい事

言わずもがなの去就にまつわる密室経営についてです。

正直、今のフロントを全く信用出来ない。
もちろん、現体制になり良くなった所も有る事は承知しています。それでも、信頼と言う最大のピースを欠いてしまっては霞んでしまいますね。同じく水戸を支える人を信用出来ないのはとても辛く悲しい事です。

支援持株会の理念にこう記されています

水戸ホーリーホックは、地域の広く多くの皆様に支援されて、はじめて成り立つ球団です。また、それこそが市民球団の本当の姿であると考えます。特定の企業や組織のみに多くを頼らずに運営していくことは容易なことではありません。でも、時間をかけてでもそのような市民球団になろうと、地道な活動を水戸ホーリーホックは続けています。


この様に謳っているにもかかわらず、特定の組織が支配してしまっているのではないでしょうか。

再び誰のためにでも無く、市民のために有るクラブで有る事を取り戻さなければならない時です。不透明な企業の行き着く先は大体決まっています。

今、社長交代に端を発した一連の不透明な決定を正す最大のチャンスだと思います。チャンスを与えられたらゴールを目指すのみです。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月11日

決定力以外はね!

足利はホームなのかアウェイなのか中立地なのか。
やはりホームという雰囲気には遠かった。それでもホームで勝ちという事が最も大切。
それと、普段行き慣れないスタジアムと言うのも楽しいですね。メインスタンドには立派な屋根が。改修前市陸よりずっと良い。

49節愛媛戦。試合は圧倒していたけど、ほんのちょっとの運の差が勝敗を分けた様な気がします。もちろん試合を圧倒するだけのポイントというのは数多く存在して、そこで勝っていたという事が結果的に勝利に繋がったとも思います。決定力以外はね!

しかし1054人。なんだかくさいこの数字。クラブは集客についてどういう考えをも持っているのでしょう。色々な条件が重なりましたが、この数字はあんまりだ。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月10日

気が付けば今日

もう試合なんですね。おはようございます。
良い試合の後の糞試合。どんなビッククラブでもそういう事ってありますよね。張りつめていた緊張の糸がとぎれるのでしょうか。苦しい時にでも良い試合を続けることで、チームは強くなるのだと思います。
そのための後押しをしてやりたいですね!そして足利グルメとやらをたべつくしてやりたいですね!
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月05日

そんな時にでも

力の差は歴然としていたけれど、理屈抜きで負けたく無い相手なので、理屈抜きで悔しいですね。
選手はいつも以上に集中していたんですけど、ミスを確実にしとめられました。悔しい。

それにしても、運営のアンフェアネスを腹立たしく思います。プンスカ。

そんな悔しさとやさぐれを癒してくれるハートウォーミングな話をMito Hollyhock News and Resultsさんに見つけました。
土曜日のユース大宮戦の後、堀原で子猫を助け堀原の管理事務所で預かってもらったようです。子猫に牛乳を与えると、おなかを下すから気をつけて!
注意散漫型猫脳なので、やな事は忘れてすぐに癒されました。子猫が助かって良かった。猫脳だけど、野良は良く無いと思っています。だからぜひ、子猫の堀君(仮名)にやさしい飼い主さんが現れてくれる事を願ってます。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月02日

陰謀の果てに

別に陰謀があるとは本気では思ってないんですけどね。いや、やっぱり少しだけ。
優良コンテンツで普及を拡大させたいNHK地デジ水戸局だとか、初回の盛り上がりを忘れられない協会だとか、冴えないシーズンを過ごしてしまったが為に少しでも良いアピールがしたいとか、強いとこ見せつけて県都に有るJ2チームのスポンサーを奪いたいとか、色々な思惑が渦巻く訳ですが、茨城のサッカー界にとっては水戸も鹿島も互いに強くなって双方盛上がるのが理想ですよね。

やはりそうなると期待するのは、双方力を出し切る様な、良い試合。やはり良い試合は勝ち負け関係なく感動しますからね。そんな良い試合。


それでいて、茨城のサッカー界の盛り上がりを考えれば、実にワイドショー的な視点では有りますが、判官贔屓で弱い方のチームが勝つ事。強い方が当たり前に勝っても面白く無い。いや、どっちとは言いませんけど弱い方が勝つ事。



まあ、つまるところ、退場者続出の泥仕合でも、開始1分先制で89分ドン引きで守って1-0も、オウンゴールでも、誤審でもなんでも良いから、絶対勝て。結果こそが全て。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月29日

台風一過

サテ観てきました。暑かった。
マリノスタウン、横浜駅から近くて良い場所に有りますネー。日産マネー凄いですネー。スタンドが西向きでやたら眩しかったですネー。
でも、トイレの標識が可愛かったのが一番のお気に入り。こういう茶目っ気は良いですよね。


内容は、マイクでかい、マイクと森のマッチアップに萌える、原田凄いよ原田、でした(?)。あれだけでかい奴が居るのにセットプレーでマーク外れたりするのは如何なものか。
攻撃面ではFWらしいFWが居なかったせいも有るけど、スルーパスで裏に抜け出す位しかチャンスメイクが出来ませんでした。クロスもろくに上がらなかったし。攻撃時の枚数不足もトップチームと同じ様に足りない様に思えます。
ただ、勝てない試合でもなかったと思うので、サテとはいえ勝つ事へのこだわりが体現出来ないところが残念でした。


徳島戦で抽選で頂いたサツマイモ食べました。ウマー。
一人暮らしの小さなキッチンでどうすんべか、と思いましたが、炊飯器で簡単にできるらしいと言う情報を、テツコスペシャルインターネットでゲットしたので試してみたら、美味しく出来ました。すごいね炊飯器。日本人の知恵と情熱とハイテクの集合体、ファジー炊きですよ。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月27日

国語力

あいにくの雨ですね。
延期だと言わんとする事は当然わかりますが、今日の開催は中止して延期するのか、中止じゃなくて延期なのか、なんて事を考えたりしませんか?しませんね。
ニュアンスや雰囲気で理解する事は大切な事ですが、そうしてばかりだと正しい言葉を覚えられませんよね。って、もう漢字3文字の表題はこじつけでも無理です。無理無理。
ファン感謝デーの開催の可否を昨夜のうちに決断してくれて助かりました。11時に発表とか言われたら、水戸まで2時間、私は困る。と突っ込もうと思いつつ、3文字のタイトルが浮かばなかったが為に昨夜は筆が進まず、今更書いてみます。
しかし、イベントも無くなり、天皇杯まで試合間隔も開いてしまうんですね。勝率の悪い試合を見るのは辛いけど、試合が無いのはやっぱり物足りないですよね。

湘南戦はまあ、いいや。

浦和ACL決勝進出ですね。いやあすごい。来年我々もそこに居る(チャンスがまだ残っているの)かと思うと、ワクワクしますね。しませんか?あれ?
そういえば、次勝てば次も県立サッカー場←なんですね。どこまでもアウェイに行かせない協会の(来年のACLに備えて貯金しろよという)憎い配慮ですね。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月22日

自滅癖

J2チーム、貧乏から金満いろいろ有るし、選手の力の差を感じる事も多々有るけれど、結局一番多い負け方は自滅ですよね。自滅するか取り戻すかの違いも選手の力とも言えますけど、そういった精神的な所で負けちゃうのは、なんとも悔しいです。

試合展開としては前半シンプルに裏を狙って鳥栖のDFを下げさせようとするも、鳥栖はなんとかコンパクトに保ち続け、裏は取れども枚数足らずと言った、傍目まったりした展開。しかし、ほとんどやられてなかったにも関わらず、一瞬のミスで失点。この一瞬をモノに出来るか否かの違いが今年の勝てない最大の要因ですよね。
あれで前掛かって攻めるとボロクソにやられてしまうし、かといってこのペースじゃ確率は低いし。ゲームを90分で考えれば後者を選択しつつ流れを呼び込む布石を打つのが上策なのでしょうが、ゲームを潰すプレーに関しては鳥栖は上手いと言うか汚いというか。それで自滅してしまいました。
それと、このゲームの主審、山西博文もコントロール下手でしたね。正しいかは別にして、火に油を注ぐ様なジャッジでした。

看板を蹴った岩舘に関してはコールリーダーが言う様に、とても容認出来るものでは有りません。私たちの様なクラブをスポンサードしてくれる企業の意味を選手は理解しなければなりません。これだけ勝てないチームを支えることが、しかもお金を出してまで支えてくれる事がどれだけ大変か。サポーターの皆さんなら少しはわかりますよね。反省しても反省し足りない、坊主にしろ・・・あれ?


さて、馬鹿チンの話をするとイライラして、精神力の弱さを露呈しそうなので、毎年恒例、MVP投票はじめました。皆さんはもう投票しましたか?
誰も該当しねえよ・・・なんて声も有りますが、今年一番の活躍・・と言わずとも頑張ったあいつを、表彰してやりましょう。ホーム最終節(11/25日セレッソ戦)にて表彰の予定です。
ファン感謝デーでも投票を受け付ける予定です。かわいいあの子に是非!?
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月16日

退会届

やりました。やっと笠松未勝利の会から退会出来ました。

とは言え、試合内容はJ2最下位争いに相応しい攻め切れない展開。まあそれでも我等が水戸はロングボールとサイド攻撃を使い分けて、まぐれ勝ちでは無い事を証明してくれましたが、あの展開なら追加点を奪って楽に進めなきゃいけないですよね。シュート打たんかい。それに引き過ぎ。

展開はそんな感じでも、やっぱり久々の勝利、みんな嬉しそうでしたね。やっぱり勝つのは素晴らしい。吉本の310ゴールの後のアピールもようやく叶いました。平松のパフォーマンス下手も良かった。ほんとに勝つのは素晴らしい。マジで勝つのは素晴らしい。

まあ、しかしこんな勝てそうな試合なのに、お客さんが入らないというのも残念です。日曜ナイトゲームはなにかと大変ですが、それでもこの勝利の感動と興奮には代えられません。週明け疲れてダルくてもテンションは極めて高いです。もっと多くの人に、水戸の勝利を味わってもらいたいですね。



話し変わって、FMCのスタジアム掲示板。皆さんご存知でしょうか。バックスタンド、ゲートを入って右手、売店の向かいのフェンスに設置してあります。この掲示板は当会からのお知らせだけではなく、スタジアムに来る全ての人に利用してもらいたいと考えています。
先日の試合ではポスターの配布と掲示のお願いをしました。(モデルはサクラです)


  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月12日

陰謀論

NHKと協会の力恐るべし、と陰謀論を妄想ハイウェイですが、まあ予想通り「またか、飽きた
」と思ってる人が多いみたいですね。確かにJ1と対戦出来る貴重な機会ですから、色々なチームと戦いたいという思い有りますよね。行った事の無いアウェイにも行ってみたいし。
しかし、天皇杯は貴重な公式戦でもあります。一発勝負の格下との戦い方が難しいのは我々も十分身を以て経験しているはずです。そして勝てば楽しい次が、元旦が、そして過酷なアジアの戦いが・・・ハァハァ。

単純に戦力差を考えると、素直にJ2最下位の我々の戦力は極めて厳しい。だから、またかと言う気持ちもありますが、やっぱり選手の背中を一押ししてやりたい。ぶっちゃけ勝つ気満々です。もちろん根拠は有りません。

しかし、強い方のホーム開催っていうのはつまらないですよね。下位のホーム開催の方が、波乱の可能性も高いだろうし、上のカテゴリとホームで戦えるんだとサポーターのモチベーションも上がりますし、とうぜん上位との対決なので集客も増えます。縁の遠いアウェイに行く事も出来ますし、J1を目指すJ2やJを目指すJFLや地域のクラブにとって運営上のシミュレーションが出来る。いいことずくめなんですがね。
協会内で発言力の強い(だろう)J1チームに有利になるように作られてしまったのでしょうか。全国的な盛り上がりを考えて欲しいですね。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月08日

ジョニーのキックが入らない

開催国フランスがオールブラックスを破り準決勝進出。アルゼンチンも準決勝進出。大会も佳境ですね。くぅ〜(川平風)もっとテレビでやればいいのに。
さて、あのジョニー・ウィルキンソンのキックが入らない。そりゃ○○のシュートも枠を捉えないことだって、あるさ。なんて慰め。

しかしまあ、札幌、京都、仙台、東京、事情は分かりますが露骨ですね。そんな天皇杯、久々に嫌な感じのハラハラ観を味わいましたね。ジーコジャパン以来かも知れません。
試合の分析はグチっぽくなるので、そんな時は書く方の拓也っちに任せて、ともかくこれで、ACL制覇の夢に確実に一歩近づいたわけです。さっそく次の相手がどこか、オラ、ワクワクすっぞ。

そうそう、拓也っちと言えば、蹴る方の拓也っちがお子さんつれてスタンドに来てましたね。無茶苦茶可愛かったです。お父さん頑張れ。

しっかし秋の晴天、デーゲームは(気候だけは)気持ちいいですね。コスモスも風に揺れるさわやかさですよ。ブッキング担当頑張れ。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月07日

夢は追いかけるために

おはよう俺。
J2リーグ戦は4クールもある長く過酷な戦いですが、天皇杯はノックダウン方式のカップ戦。しかも対戦相手は高校生からJ1まで様々な可能性があるわけです。どちらも勝負の醍醐味に満ちています。

どこぞの独裁者がJ2所属だとACLに出られないとか言い出した様な気もしなくも無いですが(?)、浦和の健闘を目の当たりにして、何故か燃える、いや萌えるアジアへの切符でもあります。そして世界へ。
非常に楽しみであり、そして一発勝負が恐ろしくもあります。密かに俺の笠松、今年初勝利をも狙っております。いくぜ俺たちのホーム笠松。

どうでもいいけど、交通の便が悪すぎでもあります。困ったであります。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月24日

4028人の目撃者

DoCoMoサンクスマッチと言う事で、多くのお客さんが来た試合でした。
しかし、相手に負けたと言うよりも審判に負けてしまった感が非常に強い試合になってしまったのですが、それがなんとも悔しい。一つのジャッジを行った後、審判自身がテンパって、基準もルールも無茶苦茶になって、ぶち壊してくれました。ファールじゃなくて試合を止めたのにベルディのFKで再開、ひどいものを見せられてしまいました。

今年から以前ほど無駄に笛吹くのを改善してマシになって様には思いますが、本質的にジャッジが不安定な審判や、この試合の主審、前田拓哉の様に我を失うトンデモさんも居る事は最初からわかっていることなので、その辺り上手くこなして欲しかったなと思います。和裕のチームを落ち着かせようとする姿も良かったのですが。

さて、久々の4千人台なのですが、ベルディサポが結構多かったですね。それと招待券のゴール裏は結構入ってましたね。本当に勝ち試合を見せる事が出来なくて、悔しい。逆にA席のスカスカ感が寂しい限りです。少しゴール裏に流れたのかも知れませんね。
この試合でどの位の人が、今度はお金を払って観たい、と思ってくれるでしょうかね。最後まで諦めずに攻めた水戸に対して、結構な数の人が最後まで応援していましたが、やっぱり勝ち試合を観てもらいたいですね。自分が水戸にハマったきっかけも、やっぱり勝ち試合ですからね。
  generated by feedpath Rabbit
posted by FMCのブログ担当 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記