2006年02月19日

忘れる前に、お小言を

 もいちど改めて壮行会について。

 「監督胴上げして、バカだねぇ〜(笑)人も集まって良かった良かったよ。」なんて思っていたんですが、周囲の反応なんかを見ていますと、イベントの本質として、シーズンへむけて選手を送り出す、壮行になっていたのか、改めて考えてみると問題点だらけですね。

 送り出される方が主催する壮行会ってのも、クラブが主催していた後援会並みに意味不明ですね。クラブ側から言うなら決起大会なんじゃないかと。言葉尻を捉えておく事も忘れません。

 まあ、そういう言葉の意味以外でも、「ステージが低く何をやっているのか見えない」、「音響が悪く何を言っているのか聞こえない」というイベントとしての本質的な部分がうまく行っていない所や、「せっかくのアピールチャンスにビラを撒かない、ポスターを配らない」と言った運営のまずさが有ったのではないでしょうか。

 水戸のシーズンチケットは毎年開幕ギリギリにならないと届かないとか、常識的に不味い水戸クオリティに慣れてしまっているので、気をつけないといけませんね。
posted by FMCのブログ担当 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 水戸ホーリーホック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4727305

この記事へのトラックバック