2008年06月28日

ちょっと、じゃなくてかなり

ずいぶんと書かないと、色々な事がおこってますね。



我等が水戸は連敗中。ただただ勝つことだけでなく、自分たちの形で勝つというテーマに取組中なのでしょうか、チームの育成、成熟と結果と、水戸というポジションだからこそ取り組まなくては行けない物もあるのだと思います。
正に強化部長も新しく就任した事ですし、中期的な目標とプロセスを明確にしてもらいたいですね。
そして、勝ってくれ!負けて得るものよりも勝つ事で得られる事の方が多いはず。頑張れ。



そんななかで、水戸の至宝、遠藤敬佑、U-19日本代表候補に選出。闘莉男、小椋に続く、MITO [ ● ] JAPANです。
昨年サテで見た時には高卒新人ながら際立って高い技術を見せていました。そして運動量も備わり、後はトップのプレッシャーのなかでの正確なプレーと決定力(大事すぎる!)だなあなんて思っていたら、いきなり呼ばれました。驚きと納得の中間ですね。定着はもちろん、良い刺激を受けてチームに還元して欲しいですね。

そしてJ2 - JFLの自動入れ替え決定か?なんていうニュースもありました。まあ、まだ少し先の事ですが、J2ボトムズなんて呼ばれる装甲騎兵ですが、そのボトムズのなかでも資金力で劣っている現状です。前田監督から木山監督への引継ぎが、あまりにも無計画過ぎて、過去の資産を捨ててしまった感も無きに有らずな賛成の反対の反対ですが、本当に通すべき芯をしっかりと通して、しっかり地に足をつけて成長してほしいですし、そうなる様にサポートしていこうと思います。
しかし、自動入れ替えも結構ですが、3位は入れ替え戦は絶対やるべきだと思うのですが。


さあ、今日は試合だ。
野郎どもを走らそう!
ひたちなかで、僕は握手出来ないんだなあ・・(´・ω・`)
posted by FMCのブログ担当 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月10日

小澤の隠れたファインプレー

レッズやレアルでもやらかす危機を防いだ、世界を知る男、小澤。それだけは言いたかった。


そしてあの最高の。

もう10年以上前なんですね。97年当時、フランスW杯を目指し戦う日本代表最終予選。急に勝てなくなったり、国立で韓国に負けて、チャムシルでその借りを返して、イランと一発勝負で戦って。あの頃の予選は手に汗握ってたし、熱かったし、ほんとうにギリギリで僅かな希望だけを頼りに、それでも信じていて、最後には本戦出場を手繰り寄せたんだよなーなどと思い起こします。大久保のバカン。


かわって我等が水戸ホーリーホック。監督が変わって第一クール、攻めてはいるけどチグハグな戦い方で、不甲斐ない負けを繰り返して、どこに希望を見出して良いのかも不安になる日々が有って、それでも苦楽を供にしてきた(楽はないかも)去年からの選手達の粘りや、今年入った選手達の攻撃力に望みを託し、走れ走れとけしかけ、褒めて、怒って、そして手にした勝利。やっと手にした勝利。

ああ、ここにまだあの最高のカタルシスが有ったんだと、嬉しさを正に爆発させる。吹っ飛びます。いろんなものが。

そして勝つ事の難しさだけじゃなく、勝つ事の素晴らしさを心の底から感じる事が出来るのかな、なんて。弱小チームの特権でしょうか、この感覚。常勝チームでは味わう事を忘れるたったひとつの勝利の重さ。つねにこの重みを味わっていたい。

そんな事を思っていたら・・・連勝キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!


連戦で疲れてくるけど、いい流れと自信を得た水戸と、勝利の喜びを供に!
posted by FMCのブログ担当 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記